FX比較ナビ.com トップ外為入門>外為とは

外為とは「外国為替証拠金取引」のこと

外為とは、外国為替証拠金取引のことをいい、最近注目を集めている外貨投資のことです。

簡単にいうと、異なる通貨を交換(日本円を売って、米ドルを買うなど)する取引のことで、その取引で生まれた通貨間の金利の差などで損益がでる投資です。

外為の主なメリットとしては、少額の資金から取引ができる点や取引コストが低いなどがあります。
なぜ、少額の資金で取引が可能かというと、レバレッジ(てこの原理)を効かせて、証拠金の数倍〜数百倍の金額で取引ができるからです。
取引のしくみ自体はは証拠金を外為業者へ預けて、その証拠金を元に取引をしていきます。
具体的には、10万円の証拠金でレバレッジを10倍に設定すると100万円分の外貨を取引することができます。
外為業者によって、証拠金やレバレッジは異なりますので、確認してみてください。

少額の資金を元により大きな取引ができる点では、株式の信用取引に似ていますが、外為は土日を除き基本的に24時間取引することができます。
外為取引は外国為替市場で行われていますが、株式市場のように特定もしくは、物理的な取引所で行われる取引ではありません。
世界各国の金融機関などが相対取引(金融機関同士などの当事者が交 渉する取引)を行っているため、東京・ロンドン・ニューヨークを中に24時間眠ることはないからです。

次に外貨預金とはどのように違うかみてみましょう。


「買い」「売り」のどちらからでも取引を始められる

預けた証拠金の数倍〜数百倍の取引もできる

インターネット取引の場合は、「取引手数料が無料」の企業が多い


vol2 外為会社と外貨通貨

このページのTOPにもどる