FX比較ナビ.com トップ外為入門>外貨預金との違い

外為と外貨預金の違いは?

外貨を扱う点で共通している「外貨預金」。外為取引と外貨預金との違いを説明します。

外貨預金の場合

1ドル=100円の相場とすると、
1万ドル預金して金利を得たいと考えた時、
1万ドルを買うために必要な金額はいくらでしょうか?

答えは、1万ドル×100円=100万円!

実際は手数料がかかりますが、ここではおいておきましょう。

外為取引の場合

同じく1ドル=100円の相場とすると
1万ドルを買うために必要な金額はなんと5〜10万円程度です。

外貨預金よりもはるかに低い金額で1万ドルを買うことができます。
その理由は外為業者に「証拠金」を預けることにより、実際に預けた金額の数倍のお金を動かすことができるのです。

例えば、証拠金5万円でレバレッジ20倍なら100万円分の取引をすることが可能!1ドル=100円と仮定すると1万ドルを取引することができる!

また、この数倍のお金を動かすことをレバレッジといいます。
もちろん、外為業者によっては、最大数100倍のレバレッジをきかせることができます。
しかし、その分リスクも高くなりますので、特に外為初心者の方は、初めのうちは低いレバレッジで運用することをおすすめします。

【まとめ】1ドル=100円と仮定し、1万通貨ドルを扱うのに必要な金額は


vol1 外為とは vol3 外為と他投資商品

このページのTOPにもどる