FX比較ナビ.com トップ>通貨の種類と選び方

外国通貨の種類や特徴を紹介

外為取引は通貨を保有・売買する取引です。
各通貨によって特徴・性格があり、それを把握することにより自分のトレードに向いた通貨・外為業者を選ぶ新たな基準になり、より自分に向いた外為取引をすることができると言えます。

メジャー通貨・マイナー通貨

アメリカドル(USD)

国内総生産(GDP)が世界一の大国アメリカの通貨。通貨の取引量が世界一。身近な外貨として初心者向き。

詳細はこちら

ユーロ(EUR)

欧州連合(EU)加盟国の内、12カ国がユーロを導入。現在、世界第二位の取引量を誇る通貨。中長期保有向き。

詳細はこちら

英ポンド(GBP)

イギリスの通貨である英ポンドは、激しい値動きと高金利通貨が特徴。デイトレード向きの通貨。

詳細はこちら

オーストラリアドル(AUD)

石炭や原油、鉄鉱石などの鉱物資源が豊富。商品市場の影響をうけて変動しやすい。高金利のため、中長期保有向き。

詳細はこちら

ニュージーランドドル(NZD)

オーストラリアドルとの関連性が高い通貨。農業や農産物が多いのが特徴。スワップ金利が高く、中長期保有向き。

詳細はこちら

カナダドル(CAD)

石油が鉱物資源な豊富な資源国。特に原油価格に連動しやすい。
また米ドルとの連動性が高い通貨。中長期保有向き。

詳細はこちら

スイスフラン(CHF)

世界で最も安定した通貨の一つ。永世中立国のため、有事の際の避難先通貨として買われます。

詳細はこちら

その他の注目通貨

世界一の金の産出国の南アフリカや原油産出国のノルウェークローナなど注目のマイナー通貨を紹介。

詳細はこちら

このページのTOPにもどる