店頭取引と取引所取引の違い|FX比較ナビ.com・外為

外為FX初心者必見!「FX比較ナビ.comモバイル」では、取引に必要な基礎知識から、通貨の特徴まで完全網羅。

高性能なモバイルツール「PRIMEアプリ」登場
>>店頭取引と取引所取引の違い
公設取引所を利用する取引所取引
外国為替証拠金取引には、店頭取引と取引所取引の2種類があります。公的な市場で行われる取引が取引所取引、そうでないものが店頭取引となります。
通外為(FX)と呼ばれているものは店頭取引で、これは利用者である投資家と外為(FX)会社との間で行う取引(この様な取引を「相対取引」と呼びます)になります。その為、どんな通貨を扱うか、取引の条件(手数料等)は外為(FX)会社によって異なります。
取引所取引の場合、投資家の注文を外為(FX)会社が、外為(FX)の公設取引所に取り次ぐというものになっています。その為、取引所によって定められた一定の規制のもとで投資家が取引をすることが出来ます。また公的な取引所で取引する為、税制面での優遇措置等があるのも店頭取引との違いです。
一般的に、取引所取引の方が店頭取引よりも手数料が高めであるケースが多いので、どちらが良いというものではなく、それぞれのメリットを把握し、自分に合っているかどうかを見定めることが大事です。
なお、現在日本では、東京金融先物取引所の「くりっく365」と、大阪証券取引所の「大証FX」の2つの取引所取引があります。

前ページ:スワップポイントで収益
次ページ:くりっく365とは
▲上に戻る

鼕ヨ連:FXと税金|各国通貨の特徴
FX比較ナビ>外為(FX)の特徴
>店頭取引と取引所取引の違い
鋳獄レ外為企業:
FXトレーディングシステムズ
掲載企業一覧

トップページ
サイトマップ

外為・くりっく365を比較|FX比較ナビ.com
CopyRight(C) Ace Force
Co.,Ltd All Rights Reserved.