FX比較ナビ.com トップ>大証FXとは

大証FXとは

★大証FXとは、「大阪証券取引所の取引所外国為替証拠金取引」のことです

「大証FX」とは、大阪証券取引所の外国為替証拠金取引の愛称です。
大証は2009年にスタートしたばかりの新しい外国為替の証拠金トレードですが、株式の売買や日経225先物のトレードをしていた方達が参入しやすい、特徴的な価格決定方式を持っていることで注目を浴びています。
取引所を介して外国為替の証拠金トレードができるという点で、「大証FX」と東京証券取引所の「くりっく365」は共通している点があります。
例えば、証拠金の管理が取引所への預託となるということ、一律20%の申告分離課税による税制優遇、損失の3年間繰越控除、証券先物・商品先物との損益通算などを挙げることができます。
また、取引所を介すため、高い透明性のもとトレードできることも見落とせない大事なポイントですね。

★「大証FX」と「くりっく365」の違いは?

前項でくりっく365との共通点を挙げましたが、大証が全く同じサービスだったら注目されることはないですよね。それでは具体的に、大証の外国為替証拠金トレードと「くりっく365」の目立った違いとしてはどんなものがあるのでしょうか。
参入企業独自のサービス (手数料など) 以外では、主に下記に記載する2点が大きい違いとして挙げることができます。

1.価格決定方式

大証の外為では、価格決定の方式として従来のマーケットメイカー制度とオークション方式とが混在しています。そのため、金融機関などのマーケットメイカー以外 (つまりは大証をトレードする投資家同士) の注文も約定することもあるため、従来のマーケットメイカー制度のみのトレードに比べ、約定の可能性が高まっています。
ここで新しく登場したオークション方式ですが、これは「買い注文」と「売り注文」を一つに集めて、注文同士を約定させる方式のことです。大証で採用されたオークション方式というのは株式売買や日経225先物などで採用されているトレード方式と同様のものであり、非常に多くの投資家に馴染まれている方法です。 なお、従来のマーケットメイカー制度とはどのようなものなのかというと、マーケットメイカーとして機能する金融機関が、売り買いの気配レートを提示し、売買の値をつける方法のことですね。
大証の外国為替の証拠金トレードでは、この2つの方式を同時に取り入れることで、価格決定プロセスの透明性をより高い状態で確保し、そして株式売買や日経225先物のトレードに馴染んでいる方にもトレードのイメージがわかりやすいものになっています。またこのオークション方式の導入により、部分約定も起こるようになりました。この部分約定というのは、出した注文のうち一部が約定するというものです。この価格決定方式の違いこそが、大証の最大のうりではないかと思います。
なお東京証券取引所の「くりっく365」は、6社によるマーケットメイカーによるレートで価格を提示しており、基本的に全量約定 (一度に全ての注文が約定する) となります。

大証FX⇒オークション方式+マーケットメイカー制度
くりっく365⇒マーケットメイカー制度

2.通貨ペア数

大証の取扱い通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円などのメジャー通貨を含めた9通貨ペアのトレードが可能です。
一方、「くりっく365」はメジャー通貨のほか、南アフリカランド、香港ドル、ノルウェークローネなど23通貨ペアのトレードができます。
大証はまだ始まったばかりのサービスなので通貨ペア数が少ないですが、今後人気が集まり投資家が増えるにつれ、くりっく365同様トレード通貨ペアも除々に増えていくものかと思われます。また、頻繁にトレードされるメジャー通貨はしっかり押さえられているので、通常のトレードをする分には困ることはないでしょう。
なお、トレードできる通貨単位は、「大証FX」と「くりっく365」共に1万通貨単位と同じです。

大証FX⇒9通貨ペア
くりっく365⇒23通貨ペア

また、「大証FX」のレート画面は従来のものにはない、「板画面」表示です。売り気配・買い気配8本ずつの合計16本の気配値と、それぞれの値段の注文数量、インターバンク市場の実勢値の目安となるマーケットメイカーの売り・買いの最良気配値などの相場情報が公表されるもので、株式売買をする方には非常に馴染み深いものですね。投資家は、この豊富な情報を含む取引板、板画面を確認しながら、大証で外国為替の証拠金トレードをすることが可能になっています。

各外為FX取引の特徴比較

「大証FX」と「くりっく365」、そして「FX」をわかりやすく比較した表を掲載します。
「大証FX」が現在の外為人気を、更に盛り上げてくれること間違いなし!?

  大証FX くりっく365 FX (非取引所取引)
取引所 大阪証券取引所 東京証券取引所 なし (相対取引)
参加企業数 6社 *7/21現在 16社 200社以上
マーケットメイカー 2社 6社 複数 (企業により異なる)
証拠金保護 大阪証券取引所 東京証券取引所 信託銀行への信託
(企業により異なる)
約定のしくみ オークション方式+
マーケットメイカー
(部分約定あり)
マーケットメイカー
(原則、全量約定)
企業により異なる
取引通貨ペア数 9通貨ペア 23通貨ペア 10〜100通貨ペア以上
(企業により異なる)
取引単位 10,000通貨単位 1,000または10,000通貨単位
(通貨ペアにより異なる)
100、1,000または10,000通貨単位
(企業、通過ペアにより異なる)
取引日 土日を除く毎日
取引時間 ほぼ24時間
税制 申告分離課税・税率は一律20%・損失の3年間繰越控除
証券先物・商品先物との損益通算
総合課税、税率は0〜50%
(所得により異なる)

このページのTOPにもどる