外為トップ外為用語>バスケット取引とは

バスケット取引(ばすけっととりひき)/外為用語

バスケット取引(ばすけっととりひき)

バスケット取引(ばすけっととりひき)とは、多数の銘柄、まとまった金額の株式を1つの商品とみなし、一度に売買する取引のこと。
インデックス運用の売買、投機投資家のポートフォリオの銘柄入替、裁定取引に伴う現物株の売買等で利用される事が多い。委託手数料が完全に自由化された為、バスケット取引の売買コストが低下、立会外取引等で活発に利用されている。
なお、東京証券取引所や大阪証券取引所では15銘柄、売買代金1億円以上の取引をバスケット取引と位置づけている。

関連用語

外為用語一覧

このページのTOPにもどる