外為トップ外為用語>ビッグマック指数とは

ビッグマック指数(びっぐまっくしすう)/外為用語

ビッグマック指数(びっぐまっくしすう)

ビッグマック指数(びっぐまっくしすう)とは、英国の経済誌である「エコノミスト」によって1986年6月に発表された購買力指数のこと。
マクドナルドで販売されているビックマックを購買力モデルとして、その価格と為替レートを使って算出するという、極めて生活実感に近い指数である。
なお、同じ様な発想から「トール・ラテ指数(スターバックス指数)」「コカコーラマップ」「iPod指数」等が提唱されている。

関連用語

外為用語一覧

このページのTOPにもどる