外為トップ外為用語>価格弾力性とは

価格弾力性(かかくだんりょくせい)/外為用語

価格弾力性(かかくだんりょくせい)

価格弾力性(かかくだんりょくせい)とは、1%の価格上昇により売れ行きが何%悪くなるのかを表す指標のこと。
需要の価格弾力性の場合、「需要の変化率/価格の変化率」の絶対値で表現される。例として、ある製品価格を10%値上げした際に需要が5%減少した場合、価格弾力性は0.5と表される。
また、この値が1より大きい場合「弾力性が大きい」、1より小さい場合「弾力性が小さい」と表現する。弾力性が小さい場合には価格変更による需要の変化は殆どないと見られるが、弾力性が大きい場合には価格変更による需要変化も大きいと見る事が出来る。

関連用語

外為用語一覧

このページのTOPにもどる