外為トップ外為用語>マンデル・フレミング理論とは

マンデル・フレミング理論(まんでる・ふれみんぐりろん)/外為用語

マンデル・フレミング理論(まんでる・ふれみんぐりろん)

マンデル・フレミング理論(まんでる・ふれみんぐりろん)とは、以下の説を展開した理論である。
・金融緩和は国内金利を引き下げ、所得を増大させて自国通貨安となり、財政支出拡大は金利を引き上げ、自国通貨高をもたらす
・外国での金利の上昇は自国通貨安になる
・輸出入の促進策が経営収支に与える影響は、為替レートの変化により相殺される

関連用語

外為用語一覧

このページのTOPにもどる