外為トップ外為用語>為銀制度とは

為銀制度(ためぎんせいど)/外為用語

為銀制度(ためぎんせいど)

為銀制度(ためぎんせいど)とは、外為法改正以前の制度であり、全ての取引は旧大蔵省に認可された外国為替公認銀行を通さなければならないというもの。
1998年に上記制度は撤廃され、企業内での売り買い相殺や、会社間において為替ポジションの調整を行う事が出来る様になった。

関連用語

外為用語一覧

このページのTOPにもどる