外為トップ外為用語>有価証券取引税とは

有価証券取引税(ゆうかしょうけんとりひきぜい)/外為用語

有価証券取引税(ゆうかしょうけんとりひきぜい)

有価証券取引税(ゆうかしょうけんとりひきぜい)とは、1953年、税制改正にて設けられた有価証券譲渡に対する課税のこと。
譲渡者は譲渡価格に対し一定率の税額を徴収されていたが、証券業界等から国際化時代における市場の発展を妨げるものとして廃止要求が強く起こり、結果として1999年4月に廃止された。

関連用語

外為用語一覧

このページのTOPにもどる